Information

新スタジアム整備基本計画策定完了のお知らせ

2019年3月27日(水)

 弊社は、Jリーグで活動し、郷土が誇るモンテディオ山形の新スタジアム建設に向け、山形県の経済界が手を携え、設立しました。多くの方々の応援を頂きながら、山形県民が一丸となって、誰もが納得する新拠点整備を目指しています。

 現在のスタジアムは観客席を覆う屋根がないため、Jリーグクラブライセンスの基準を満たしていません。クラブが将来にわたって活動し、県民をはじめとするサポーターに夢を与え続けるためには、新たな競技場が必要です。その整備に向けた基本的な計画となる「新スタジアム整備基本計画」について、かねてより検討を行っておりましたが、この度、策定が完了致しましたので、お知らせします。

<新スタジアムの基本方針>
▼整備を目指すスタジアムの概要
 収容人数(予定)   :15,000人~20,000人
 事業公募時期     :2019年度を目指す
 建設場所の決定時期  :2020年9月を目指す(官民連携事業による事業プラン等の公募及び第三者委員会による評価、選定)
 スタジアム完成目標時期:2025年 供用開始を目指す

▼基本コンセプト
・モンテディオ山形のホームスタジアムとして、選手が良好な環境でプレーすることができ、また、多くの県民が快適な環境で応援することができる、県民がさらなる元気と夢、感動を得られるスタジアムを目指します。
・ホームゲーム開催時だけでなく、日頃から「スタジアムに行けば何かがある」という期待を抱かせ、県内外から人が集まり交流の生まれるスタジアム・空間を目指します。
・公共、民間がオール山形で連携し、新たな交流機能・地方創生・地域づくりの軸となるスタジアムの実現を目指します。

 また、本日 弊社代表取締役 寒河江 浩二、清野 伸昭、鈴木 隆一及び取締役 相田 健太郎より、吉村美栄子山形県知事、山形県議会事務局、山形県市長会及び山形県町村会へ新スタジアム整備基本計画策定完了のご報告を行いましたので、お知らせします。

<新スタジアム整備基本計画>
新スタジアム整備基本計画 概要編
新スタジアム整備基本計画 本編
新スタジアム整備基本計画 資料編